【Ultimate Tinymce】ビジュアルエディタを自分流にカスタマイズ

02.202014

この記事は3分で読めます

 032103



 

 

ビジュアルエディターをUltimate Tinymceに変更してみました


 

WPのエディターに今まで、「TinyMCE Advanced」を使ってましたが、ダッシュボードで「人気上昇」とおススメされていたので、「Ultimate Tinymce」を入れてみました。

 


 

「TinyMCE Advanced」と同時に使えないようなので、まずこっちを「停止」&「削除」。

 



 

デフォルトの投稿画面は使いにくい


 

そうすると、投稿用の画面はこんな感じです。

 デフォルト状態です。

これでは、記事の編集がかなり大変です。

 

 wpue

 

 

 Ultimate Tinymceのインストールと設定


 

「Ultimate Tinymce」をプラグインの検索から探しだして、インストール。

 

 

有効化すると、「設定」に「Ultimate Tinymce」が表示されますので、それをクリックして設定画面を開きます。

 

かなりいろいろ設定ができるようです。

wpue5

 

 

開発者が推奨している、デフォルトに設定してみました。

 

wpue2

 

チェックを入れて更新します。

 

 

投稿画面のボタン配列例


 

そうすると、投稿画面はこんな風になりました。

 

wpue3

 

ボタンがずらっと並んでますが、かなり視覚的にも見やすく、

直感的に使えそうな感じです。

 

 

面白いのでいっぱい入れてみました^^;

 

 

【動画】Ultimate Tinymceの使い方


 

使い方は、Youtubeの動画で、見ることができます。


 

 

可愛いアニメアイコンも使えるようにしてみよう


 

「Ultimate Tinymce」にはかわいいアニメアイコンのプラグインを入れることもできます。

 

参考記事はコチラ >> 【Moods Addon for Ultimate TinyMCE】可愛いアニメアイコンを追加

 

いれたら、こんな風に表示されてます。

 

wpue6

 

これは何かというと、アニメーションアイコンです。

 

Great Idea
 

こんなのです^^

 

 

※ このプラグインは、単体で他のビジュアルエディターでも使えます。

 

 

まとめ


 

ビジュアルエディターの「Ultimate Tinymce」をインストールして簡単にレビューしてみました。

管理画面がカラフルで、ボタンが直観的で見やすいので使いやすいみたいです。

 

残念なのは、日本語のフォントが、組み込まれていないことです。

だれかインクルードファイル作ってくれないかなあ^^;

 

 

デフォルトのWordpressの投稿画面はシンプルすぎて使いにくいというのが難点ですね。

 

そのためにたくさんのビジュアルエディタープラグインが開発されていますので、自分に合った使いやすいエディターを探して、いろいろ試して、使い勝手がいいように自分流のカスタマイズをしてみましょう。

 

 

 

追記


 

現在この「Ultimate Tinymce」は、おススメできないプラグインとなっています。

 

032101

 

プラグインをインストールすると、上記のようなインフォメーションが表示されます。

 

グーグルの翻訳で訳してみると下記のようなことが書かれているようです。

 

Ultimate Tinymceのプラグインは時代遅れになってきている。 WP Edit.への切り替えを検討してください。
WP編集はUltimate Tinymceの後継である。
Ultimate Tinymceを非アクティブ化し、削除してください。その後ダウンロードして、 WP Edit.をアクティブにする。
すべての問題は、移行中に経験している場合は、サポートがWP編集サポートページで提供されている。
また、 WP Edit Support Page.のウェブサイトをご覧ください。
WP Edit.PROは無料のバージョンの上に追加の、強力な機能拡張を提供しています。


 

相変わらずわかりにくい翻訳ですが^^;

つまり、Ultimate Tinymceを WP Edit.に変更しなさいってことみたいですね。

 

こちらの記事にも書きましたが、現行のWoedpressのバージョンに対応したバージョンアップが長いことされていないのが原因のようです。

 

>> Ultimate tinymce をお使いの方へ

 

このように、日々進化するWordpressではプラグインも同様にバージョンアップの追従が必須になっています。

熱意と誠意のある開発者の手によるプラグインであれば、Wordpressのバージョンアップがあれば、即座に対応されていますが、そうでない場合は不具合が発生したり、脆弱性を突かれて攻撃の対象ともなりかねません。

 

そのようなことを避けるためにも、利用者側も日々更新される新しい情報をいち早く入手して対応することが必要となってきます。

 

 

ちなみに、現在私が使っているビジュアルエディターは、以前使っていたTinyMCE Advancedに戻しています。

必要最低限の機能とボタンはそろっていますし、拡張も可能なので使いやすいビジュアルエディターです。

 

 

スポンサーリンク

HP初心者でも楽々。サイト作成お助けツール


■ 初心者でも自分で更新できる最短ホームページテンプレート
■ サクサクっと綺麗なサイトを作りたいなら=サイト作成システム「SIRIUS」
■ 豊富な素材を組み合わせて簡単にLPが作れる=LP作成用テンプレート【MeVIUS-メビウス-】
■SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」。レスポンシブWebデザインにも対応!パンダアップデート・ペンギンアップデートで悩むサイトオーナー様必見のSEOマニュアルが付属!

HPやブログで稼げるようになるためには?


■ブログを育てて未来の資産とする方法=PRIDE(プライド)
■初心者のためのアフィリエイトの教科書=3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス
■もうキーワードで悩まない=オートレンダー 「未来のトレンドキーワードやライバル不在の穴場キーワードがわかるアフィリエイトオールインワンツール!」


関連記事

  1. ぱふぱふする?

■スポンサーリンク

■過去記事

ご訪問者様

  • 859View:
  • 234051Total:
  • 0Online:
■オススメできるもの

◎PRIDE(プライド)

trend

◎LUREA(ルレア)

lurea

◎MeVIUS(メビウス)