6.エックスサーバーにWordPressをインストールする

10.192013

この記事は3分で読めます

サーバーの契約が完了したら、

WordPressをインストールしてみましょう。

エックスサーバーでのWPの

インストールについて説明します。

 

まだレンタルサーバーに登録していない方は、

こちらの記事を読んで、登録してくださいね^^

 

 

まずエックサーバーには、

インフォパネルとサーバーパネルという、

2つの管理画面があります。

 

登録時にエックスサーバーから届いたメールに、

どちらのURLもありますので、

そちらからアクセスできます。

※メールは大事に保管しておきましょうね^^

 

1.インフォパネル

 

インフォパネルは、サーバーの契約に関する管理画面です。

ここでは、サーバーの登録情報の確認や変更、

利用期限の確認等ができます。

エックサーバーインフォパネル

エックサーバーインフォパネル

 

 2.サーバーパネル

 

サーバーパネルは、サーバーを管理するためのシステムで、

サーバーの情報の確認や、メールアカウントの作成、

ドメインの設定などサーバーに関する設定などはこちらで行います。

エックサーバーサーバーパネル

WPなどのインストールも、FTP接続してアップロードしなくても、

このサーバーパネルから簡単にできます。

 

 

3.PHPのバージョンの確認と切り替え

 

エックスサーバーでWPをインストールする前に、

注意しておかないといけないことがあります。

 

PHPのバージョンを確認して、

WPをインストールできるものに切り替えてやらないといけません。

コチラにも書きましたが、

WordPress 日本語版バージョン 3.2~3.5 の動作環境

・ PHP バージョン 5.2.4 以上

・ MySQL バージョン 5.0 以上

という、条件を満たしているかどうかを ↓ の「PHP Ver.切替」で見ることができます。

PHPのバージョン

 

契約のサーバーによっては、初期設定ではバージョンが低い場合もあります。

PHPのバージョン

 

上の画像のようにバージョンが低い時は、

適応するバージョン(この場合は(推奨)となっているPHP5.3.3)を選択し、

バージョンを切り替えてください。

これを、うっかりやらないで、いきなりインストールすると、

どういうことになるかというと・・・

エックスサーバーでWPインストル 文字化け

 

と、こ~んな風に文字化けしちゃいます^^;

これは、「WordPressのバージョンに対してPHPのバージョンが古いです」

と書いてあるんです。

 

こうなった場合でも、インストールは完了しているので、

あわてず、先ほどのPHPのバージョンの切替で、

バージョンの変更をしましょう^^

 

 

4.Wordpressの自動インストール

 

ここまでの準備、お疲れ様でした。

ようやく、Wordpressをインストールできる所まで来ましたね^^;

それでは、インストールしましょう。

 

サーバーパネルの、「自動インストール」をクリックします。

エックスサーバー 自動インストール

 

こちらの「プログラムのインストール」を選択します。

エックスサーバー プログラムのインストール

 

そうすると、エックスサーバーの「自動インストール」で

インストールすることのできるプログラムの一覧が表示されます。

この中の「Wordpress 日本語版」の「インストール設定」をクリックします。

エックスサーバー Wordpressのインストール

 

WordPressの設定をしていきます。

Wordpressの自動インストール 設定

 

PHPのバージョンがあっていないと、赤枠で囲んだように表示されます。

バージョンの切替を行ってください。

 

・インストールURL:WPをインストールするディレクトリ名を入力します。

複数のWPをインストールする場合、区別できるように

しておいたほうが、後の管理が楽です。

例) wp1  wp2  aaa1 aaa2

空白にしておくと「wordpress」となります。

・ブログ名:ブログのタイトルを入れます。 あとで変更できます。

・ユーザー名:半角英数字で入力します。

ログインIDとなりますが、セキュリティ強化のため、

できれば予測されにくいものにした方がいいでしょう。

admin administer などは、使用しないようにしましょう。

・パスワード:ユーザー名と対で、WPの管理画面にログインするための

パスワードです。

ログインアタックを避けるためにも、できるだけ推測されにくいものにしましょう。

・メールアドレス:WPからのお知らせなどを受け取ったりします。

・データベース:自動でデータベースを生成するにチェック

以上の情報を入力したら、「インストール(確認)」を押します。

 

 

5.インストールの完了

 

インストールが完了しました。

インストール完了画面

完了確認のページには、

ログインページとログインのための情報(ID・パスワード)、

データベースのログイン情報が記載されています。

あとで、トラブルが起こった時のために、

できるだけ、画像保存やメモ等にとって、保管しておくようにしましょう。

 

6.Wordpressの管理画面にログインする。

 

インストール完了画面のなかのURLをクリックすると、

WPログイン画面

 

WPのログイン画面となります。

お気に入り等に追加しておきましょう。

 

先ほど設定したIDとパスワードで、ログインします。

これが初期のWordpressの管理画面です。

WPの管理画面

赤枠のタイトル部分にオンマウスすると、

ブログ名と「サイトを表示」と出てきます。

クリックすると、Wordpressのサイトを確認することができます。

 

1番最初のWordpressは、こんな風です。

WP 最初の状態

 

 

ほんとに何もない状態ですね^^;

コレをいったいどうしたら・・・?

と、ちょっと思ってしまいそうですが、

ここから、テーマ(テンプレート)を入れたり、

プラグインをインストールしたりして、

様々なことができるようになります。

 

WordPressには、無限の可能性があります。

 

今から、あなただけのWordpressサイトを構築していきましょう!^^

 

 

 

スポンサーリンク

HP初心者でも楽々。サイト作成お助けツール


■ 初心者でも自分で更新できる最短ホームページテンプレート
■ サクサクっと綺麗なサイトを作りたいなら=サイト作成システム「SIRIUS」
■ 豊富な素材を組み合わせて簡単にLPが作れる=LP作成用テンプレート【MeVIUS-メビウス-】
■SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」。レスポンシブWebデザインにも対応!パンダアップデート・ペンギンアップデートで悩むサイトオーナー様必見のSEOマニュアルが付属!

HPやブログで稼げるようになるためには?


■ブログを育てて未来の資産とする方法=PRIDE(プライド)
■初心者のためのアフィリエイトの教科書=3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス
■もうキーワードで悩まない=オートレンダー 「未来のトレンドキーワードやライバル不在の穴場キーワードがわかるアフィリエイトオールインワンツール!」


関連記事

■スポンサーリンク

■過去記事

ご訪問者様

  • 135View:
  • 261748Total:
  • 0Online:
■オススメできるもの

◎PRIDE(プライド)

trend

◎LUREA(ルレア)

lurea

◎MeVIUS(メビウス)