【一命】に見る 寄る大樹の倒れた後

02.212014

この記事は2分で読めます

【一命】を観た。

1962年の仲代達矢主演の『切腹』(せっぷく)のリメイク作品。

あらすじはコチラをどうぞ。

キャスト

  • 津雲半四郎(つくも はんしろう) – 市川海老蔵
  • 千々岩求女(ちぢいわ もとめ) – 瑛太
  • 美穂(みほ) – 満島ひかり
  • 斎藤勧解由(さいとう かげゆ) - 役所広司
  • 監督 – 三池崇史
  • 原作 – 滝口康彦『異聞浪人記』
  • 脚本 – 山岸きくみ
  • 音楽 – 坂本龍一

 

 

興味深い映画でした。

 

市川海老蔵が、役どころにしては若すぎる感がなきにしもあらずだけど、

ラストの怒涛の殺陣は迫力があり、

随所で見得を切る様はさすが歌舞伎役者といったところでしょうか。

 

 

瑛太と満島ひかりは2011年のドラマ「それでも、生きてゆく」で、

共演した時の不思議な空気感がやはり漂っていて、

オモシロイなあと思いました。

 

てか、瑛太の切腹シーン、

あまりにリアルに痛さが伝わってきて、直視できず。

巧すぎるのもアレだね^^;

 

役所広司が珍しくヒール。

もっと憎々しさに徹して欲しかったなあ^^;

 

 

 

主家が取り潰しとなって、生活に困窮した浪人は、

いわば、会社倒産の憂き目にあって、

失業したサラリーマンのようなもの。

 

生活の手立てをなくしても、

武士の面目だけは守るという、

愚直な生き方しかできなかった男に育てられた子らは

あわれにも生活力のない大人になってしまった。

 

 

財力もなく、妻子を守る力もなく、

取った手段が「狂言切腹」という、

いわばゆすり行為。

 

待っていたのは、武士の対面を嵩にきた、

イジメ、パワハラ。。

 

なんというか、非常に後味の悪いものが残る映画でした。

 

清貧を美しいものとして受け入れるのは、

良しとは思いません。

 

 

より良い人生を生きるために、

何を守って、何を捨てるべきか?

 

時代がそれを強いたといえば、そうに違いないけど、

こんな生活力のない男は嫌だなあ^^;

 

 

ああ、選択できる生き方がたくさんある現代に生まれてよかった。

 

なんてことを考えてしまいました(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

HP初心者でも楽々。サイト作成お助けツール


■ 初心者でも自分で更新できる最短ホームページテンプレート
■ サクサクっと綺麗なサイトを作りたいなら=サイト作成システム「SIRIUS」
■ 豊富な素材を組み合わせて簡単にLPが作れる=LP作成用テンプレート【MeVIUS-メビウス-】
■SEOに強い戦略的テンプレート「賢威6.2」。レスポンシブWebデザインにも対応!パンダアップデート・ペンギンアップデートで悩むサイトオーナー様必見のSEOマニュアルが付属!

HPやブログで稼げるようになるためには?


■ブログを育てて未来の資産とする方法=PRIDE(プライド)
■初心者のためのアフィリエイトの教科書=3Mブログサイトアフィリエイト「LUREA plus」ルレアプラス
■もうキーワードで悩まない=オートレンダー 「未来のトレンドキーワードやライバル不在の穴場キーワードがわかるアフィリエイトオールインワンツール!」


関連記事

  1. 2013.09.23

    明日への記憶

■スポンサーリンク

■過去記事

ご訪問者様

  • 83View:
  • 234081Total:
  • 4Online:
■オススメできるもの

◎PRIDE(プライド)

trend

◎LUREA(ルレア)

lurea

◎MeVIUS(メビウス)